So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

哀川譲氏の小説を自主回収=「井上堅二氏作品と類似」―アスキー(時事通信)

 哀川譲氏のライトノベル「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」(電撃文庫)に盗作の疑いがあることが分かり、発行元のアスキー・メディアワークスは8日、絶版と自主回収を決めた。
 アスキーによると、同作は哀川氏のデビュー作で、文庫書き下ろし作品として5月10日に発売、これまでに4万5000部を発行している。読者からの指摘で井上堅二氏の「バカとテストと召喚獣」(ファミ通文庫)と類似した部分が複数あることが分かった。哀川氏も事実を認め、アスキーのサイトで「プロ作家としての意識の低さ、認識の甘さを深く反省しています」と謝罪した。 

ナショジオ×ハワード・ジョーンズがタッグ 環境保護伝えるミュージック映像が街頭に
<小沢前幹事長>菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
国内最大級の古墳群壊す…ゴルフ場拡張工事(読売新聞)
<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
「推薦」と「支援」 戸惑う現場−レポート 2010年参院選(医療介護CBニュース)

両陛下が帰京=静岡では療養所を訪問(時事通信)

 第61回全国植樹祭出席などのため22日から神奈川静岡両県を訪れていた天皇、皇后両陛下は24日夕、帰京された。
 これに先立ち両陛下は同日午後、ハンセン病の元患者らが入所する「国立駿河療養所」(静岡県御殿場市)と「神山復生病院」(同)を訪問。ハンセン病施設への訪問を長年続けている両陛下は、それぞれ納骨堂や墓地で白菊を供え、入所者と懇談した。 

口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)
名古屋「正論」懇話会 加地伸行氏講演 「命の連続、教えるべきだ」(産経新聞)
<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)
政府が韓国大統領談話を受け午後に安保会議(産経新聞)
<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)

<小沢幹事長>3回目の聴取要請 東京地検(毎日新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は12日、小沢氏や元秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)ら4人に改めて事情聴取を要請した。小沢氏を「起訴相当」とした検察審査会の議決を受けた再捜査の一環。小沢氏が応じた場合、この事件で特捜部の聴取を受けるのは3回目となる。

 他に特捜部が聴取を要請したのは元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)と元秘書の池田光智被告(32)。虚偽記載した陸山会の政治資金収支報告書を提出する際、被告らと小沢氏がどのようなやりとりをしたのかを聴取で改めて確認し、起訴すべきかどうかを再度決めるとみられる。

 特捜部が再び不起訴とした場合でも、検察審査会の2次審査で再度「起訴すべきだ」(起訴議決)とされれば、小沢氏は強制的に起訴される。

 小沢氏は特捜部の捜査で2月に不起訴とされたが、検察審査会は先月、被告らが「収支報告書提出前に小沢氏に報告した」などと供述した調書に基づき、小沢氏との共謀の認定が可能と判断して「起訴相当」と議決した。

【関連ニュース
陸山会事件:石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に
違法献金事件:「訴因変更」で立ち往生 大久保元秘書公判
起訴相当議決:小沢氏に説明求める声拡大
小沢幹事長:「起訴相当」議決…石川議員「ノーコメント」
小沢幹事長:「起訴相当」議決…地元で「当然」の声も

<自民党>金子・前長崎知事を擁立 参院選長崎(毎日新聞)
佐川急便元社員3人を逮捕=架空発注で代金請求―警視庁(時事通信)
パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き−湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
<H2Aロケット>「あかつき」の打ち上げ延期 悪天候で(毎日新聞)

南ア観光、商機逃すな 現地で見本市 サッカーW杯(産経新聞)

 【ダーバン(南アフリカ)=真鍋義明】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を約1カ月後に控え、同国のダーバンでアフリカ大陸最大とされる観光見本市「INDABA2010」(南アフリカ観光局主催)が開かれている。同国関係者はW杯をビジネス拡大のチャンスととらえており、「宴の後」の発展に向けて熱心なPR活動を展開している。

 INDABAは南アを中心とした南部アフリカ各国への観光客誘致などを目的に毎年開かれ、例年、旅行業者ら関係者1万人以上が訪れる。

 今年の開催期間は8〜11日(現地時間)で、宿泊施設や旅行会社、サファリツアーのイベント会社など1500を超える企業が出展。サッカーボールの巨大オブジェを設置したブースや、サッカーにちなんだアトラクションなどW杯を強く意識した趣向もみられた。

 W杯の優勝トロフィーをかたどった南アの民芸品を販売するブースの責任者、オスカー・ンコギさん(44)は「まだ商売にW杯効果は表れていないが、大会後には多くの観光客やバイヤーが訪れるだろう」と期待を込めていた。

揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
新種の翼竜化石発見=あごに多数の歯−米大学(時事通信)
偽造クーポン使用容疑の無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)

<たちあがれ日本>参院選候補者を公募(毎日新聞)

 新党「たちあがれ日本」は26日から参院選候補者の公募を実施する。19日夜に同党ホームページで公募要領を発表した。5月18日まで申請書類を郵送で受け付ける。提出書類では「なぜ政治家を目指すのか」のテーマで論文を課し、書類審査に合格した人を対象に面接を行う。同党は参院選で10議席以上の獲得を目指し、所属国会議員が個別に候補者探しを進めているが、並行して公募で幅広く人材を発掘する。

ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
<福岡3歳児虐待>31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑(毎日新聞)
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)
【ゆうゆうLife】障害年金 受給後の結婚・出産にも加算(産経新聞)
巨大こいのぼりのトンネルにウキウキ 墨田区役所(産経新聞)

<鳩山首相>「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)

道路建設に財源、にじむ選挙対策=高速無料化の道筋見えず(時事通信)

 高速道路の上限料金制度案がまとまった。長距離ドライバーには歓迎されそうだが、普通車で上限(2000円)に達するのは利用距離が約70キロ以上の場合。国土交通省は上限制度のメリットについて「利用者の分かりやすさ」などを挙げるが、一般利用者が多い近距離は「休日上限1000円」割引などの廃止で通常料金が適用されるため、実質値上げとなる。
 上限制度は、民主党の小沢一郎幹事長が昨年12月に政府に統一料金制度の導入を求めたのを発端に国交省などが検討を開始。割引廃止で浮いた財源は道路建設に回すことになり、民主党幹部は「財源の総枠は変えずに、(高速道路の)使い勝手が良くなり、必要な新しい道路整備もできる」と強調する。
 ただ、夏の参院選対策として急ごしらえでまとめた印象は否めない。同省幹部は「小沢さんが言って、あまり議論せずに決めちゃった」と話す。
 一方で、民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた高速道路無料化に向けた道筋はより見えにくくなった。前原誠司国交相は今回の上限制度や一部区間無料化の社会実験などを通じて慎重に進める考えを示しているが、実現には新たな財源が必要で、党内から見直しを求める声が出てくる可能性もある。 

【関連ニュース
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超(医療介護CBニュース)
<首相・閣僚会見>(4止)難しい、参加の可否判断(毎日新聞)
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑―鳥取県警(時事通信)
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
「村本さん失い、深い悲しみ」 ロイター編集主幹がコメント(産経新聞)

取り締まり装い、現金要求=自車に赤色灯、容疑で男逮捕−茨城(時事通信)

 スピード違反の取り締まりを装い現金を脅し取ったとして、茨城県警水戸署は8日、恐喝容疑で同県那珂市飯田、自営業大津建次容疑者(59)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は6日午後8時15分ごろ、水戸市の市道で、スピード違反の取り締まりを装って、40代の女性の車を停車させ、「なかったことにするなら、あなたもリスクを背負ってください」などと言って、現金5000円を脅し取った疑い。 

CO2削減義務づけ、東京都が1300事業所に(読売新聞)
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も(産経新聞)
在外有権者が投票求め提訴 裁判官国民審査(産経新聞)
与謝野・園田氏が月内に新党、来週にも自民離党(読売新聞)
知的障害の女性暴行容疑で逮捕 千葉(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。